ひとも、やさいも、水でそだつ。

農作物を構成する物質の90%は水。だから私たちは水にこだわる。
自然豊かな風連の沢から引いたミネラル豊富な沢水を池に溜め、温めたのちに使用しています。
手間を惜しまず、自然の原理を最大限に活かした私たちの農園だから作れる
いつもとちょっと違う、いつものやさいを食卓に。

農園について

STORY 01

なよろ星空雪見法蓮草

収穫期は1月上旬から2月下旬まで。凍てつく寒さに耐え、満点の星空と雪に囲まれながら無加温で育ちました。昨年は糖度が13度まで上がり、エグミの少ない、ほうれん草を超えた真冬のほうれん草です。15年に生産する農家で組合をつくり17年には野菜ソムリエ協会主催の品評会野菜ソムリエサミットで初の最高金賞を受賞しました。

STORYを読む

STORY 02

かぜのかおりピーマン

ピーマンをつくり始めて20年以上が経ちます。化学農薬を極力使用したくないため、道北では珍しい虫をやっつける虫を使う『天敵』の技術を使い、有用菌などを使って病気にかかりにくい体を作る取り組みなど、安全に配慮したピーマンです。『あきの』という品種は、緑が濃くおいしいのですが、栽培が非常に難しいと言われています。沢水をふんだんにピーマン嫌いの子供が食べられるようになったとの声を沢山いただいている魔法のピーマンです。野菜ソムリエ協会主催の品評会野菜ソムリエサミットで銀賞を頂いています。

STORYを読む

STORY 03

ユキノメグミアスパラ

ハウスの外には雪が残る中、雪の恵みを受けて春を感じながら育ちます。やわらかく瑞々しいほのかな甘みのするアスパラです。品種は太くて柔らかいスーパーウェルカムという希少種です。

STORYを読む

STORY 04

太陽のメロン蒼星のメロン

清らかな雪解け水と澄んだ空気がメロンを丸く大きく育て、昼夜20℃以上の気温差がメロンを甘くしてくれます。まさに「太陽・蒼星のメロン」栽培の最適地で作られたメロンとも言えます。かんだファームではさらにおいしくするために、ゆっくりと根から養分を吸えるように堆肥をふんだんに使用し、化学農薬を最小限に抑えて大切に育てました。形が美しく、ネットが細かなおいしいメロンです。赤肉の太陽のメロンは濃厚な甘みがお口いっぱいに広がり、青肉の蒼星のメロンはさっぱりすっきりとした甘みが特徴です。平成25年から名寄産業高校と技術提携し、無農薬栽培のメロンづくりに取り組んでいます。

STORYを読む

STORY 03

紅霜くるり・美雪紅くるり

大根を栽培していた技術を生かし、中まで紅色の「紅くるり」を栽培。シャキシャキ感があり色鮮やか。年内収穫が紅霜くるり(べにしも)。雪の下にする越冬ものを美雪紅くるり(みゆあか)として出荷しています。

STORYを読む

STORY 04

はくちょうもち 風の子もち

かんだファームの主力農産物です。名寄は作付け日本一のもち米大産地です。全量JAに出荷されており、全国各地でもち加工品の原材料として使用されています。

STORYを読む

かんだファーム

098-0512
北海道名寄市風連町字東風連1979番地3
Tel&Fax 01655-3 -2555
E-mail info@kandafarm.com

> GoogleMap